消費者金融などのキャッシングの変動金利について

消費者金融のキャッシングは変動金利になっていますが、その理由は利息制限法にあります。
以前消費者金融のキャッシングは出資法に基づいて金利が設定されていましたが、いわゆるグレーゾーン金利の撤廃とともに利息制限法の範囲内で統一されました。
その利息制限法が貸し付けた元本により変動金利を認めているからです。
元本が10万円未満の場合年20%まで、10万円以上100万円未満の場合は年18%まで、100万円以上の場合は年15%まで、という風に規定しているので自然と変動金利になります。
実際の消費者金融のキャッシングは、法律で規定された上限金利よりも低く設定されて運営されています。
CM等で見る上限金利と下限金利は、低い借り入れと設定している融資限度枠いっぱいまで借り入れた時の金利なので、自分が借り入れる際にはどれくらいの金利が設定されているかは、ホームページや契約書をよく確認する必要があります。
始めて融資を申し込んだ場合、返済実績が無い方にいきなり融資限度枠いっぱいまで設定されることは無いので、その消費者金融のキャッシングにおける下限金利が適用されることは無いので、上限金利付近を確認する必要があります。
どんな消費者金融のキャッシングでも利息制限法の範囲内でないと金利設定が出来ないので、元本で利率は変わりますが、その借りた元本における上限金利を超えてお金を貸し付けている消費者金融も有りますので、金利の部分は気を付けて確認しましょう。