キャッシングと銀行系カードローンとの比較

キャッシングもカードローンも、ともに、個人向けの無担保ローンのことですが、一般に、消費者金融が行っているものを、キャッシングと呼ぶことが多いです。
一方、カードローンは、銀行や信用金庫が提供している、個人向け無担保ローンサービスを指すことが多いです。
このように、ローン契約会社が異なるものの、その利用方法などについては、両者に大きな違いはありません。
いずれも、ローン契約会社から発行されたローンカードを用いて、ATMで借り入れや返済を行うことができます。

では、キャッシングと銀行系カードローンの違いはどこにあるのでしょうか。
大きな違いとしては、まず、金利の違いをあげることができます。
銀行系カードローンの金利は、キャッシングの金利と比較すると低くなっています。特に、最高金利が低いです。
一般に、金利はローン利用限度額(極度額)に応じて設定されることが多いですが、利用限度額が少ないと金利は高く設定されます。
つまり、借入額が少額の利用者にとっては、最高金利が重要であり、この点、最高金利が低い銀行系カードローンが有利であると言えます。

一方で、キャッシングは、銀行系カードローンと比較して、一般的にローン審査が通りやすいというメリットがあります。
上述したように、銀行系カードローンは、金利が低いのが魅力ですが、その分、審査が若干厳しく、申し込んでも審査に通らない可能性があります。そんなときには、キャッシングの利用を検討してみましょう。